三遠南信地域の大学紹介・地域企業経営者講演リスト・地域企業経営者講演リスト

国立大学法人
豊橋技術科学大学 東三河地域

技術を究め技術を創る

大学風景
・基本理念

豊橋技術科学大学は、技術を支える科学の探究によって新たな技術を開発する学問、技術科学の教育・研究を使命とします。この使命のもと、主に高等専門学校卒業生及び高等学校卒業生等を入学者として受入れ、大学院に重点を置き、実践的、創造的かつ指導的技術者・研究者を育成するとともに、次代を切り拓く技術科学の研究を行います。さらに、社会的多様性を尊重し、地域社会との連携を強化します。これらを通じて、世界に開かれたトップクラスの工科系大学を目指します。



特色ある教育(らせん型教育、長期実務訓練)

教育の大きな特徴は「らせん型教育」にあります。学部1・2年次及び高等専門学校において一定の技術教育(基礎・専門)を学んだ学生に対し、3年次以降で、より高度な基礎・専門を繰り返して「らせん型」のように積み上げていく教育を行います。学部4年次(大学院進学前)には、産業界で長期実務訓練を体験し、実社会における技術者としての問題への取り組み方を学生のうちから体験することにより、博士前期課程における実践的・創造的、指導的技術者となるための高度な教育の意味を理解していきます。このように、基礎・専門を繰り返し、社会での実践教育により、科学を理解し、技術に強い関心を持つ学生を育てるのが本学の特色です。


大学院に重点を置いた教育体系
博士課程教育リーディングプログラムの実施
国立大学改革強化推進事業(文部科学省)の実施

産業界の工学系学生の採用は、大学院修了生に比重を移しています。本学では、学部・大学院一貫教育として、大学院博士前期課程の定員を多く設定しており、ふさわしい力があれば博士前期課程に進むことができます。また、教員数が大学院教育に合わせて配置されていますので、一教員あたりの学生数は他大学に比べてかなり少なく、密度の高い充実した少人数教育を行っています。

博士課程教育リーディングプログラムでは、人間の理解に立脚した新しい技術を創出できる博士人材「ブレイン情報アーキテクト」を養成する博士課程教育プログラムを実施しています。ブレイン情報アーキテクトとは、情報科学やセンシング技術を使って「脳を学び」、現在の技術によって未だ創り出せない機能を「脳に学び」高度知的処理や超省エネルギーシステムなどの革新的な「情報技術を創る」という、技術革新のサイクルをまわしながら新分野を切り開いていくことのできる人材です。

国立大学改革強化推進事業(文部科学省)では、グローバル指向人材育成事業として、成長著しいASEAN地域の1つであるマレーシア・ペナン州に海外教育拠点(ペナン校)を設置し、グローバル教育の一環として、現地に学生を送り出し、海外実務訓練や海外研修を実施しています。また、ニューヨーク市立大学クィーンズ校と協力し、教員の英語による専門教育スキルアップを目指したグローバルFD事業や国際会議の開催などの諸活動を展開し、世界的な視野を持つグローバル技術者を育成する事業を展開しています。


~グローバルに活躍できる人材の育成~
スーパーグローバル大学創成支援事業(文部科学省)の実施

社会のグローバル化が進む中、日本が今後も世界で発展していくためには、大学の国際競争力の向上と、多様な場でグローバルに活躍できる人材の育成が不可欠です。この人材を「グローバル技術科学アーキテクト」と名付け、言語・文化にとらわれない工学教育を全学に展開し、国際通用力の高いキャンパスの実現を通じて育成します。
「グローバル技術科学アーキテクト」とは、グローバルな課題を発見し、分析・解決するための俯瞰的な構想・設計力を有し、具体的なものづくりを主導できる高い技術力と科学的要素に裏付けられた上級技術者です。


~先端研究最前線~
研究大学強化促進事業(文部科学省)の実施
「価値を創造する研究大学世界水準の優れた研究活動を行う大学として、一層の発展を目指す」

分野や組織の垣根を越え、国内外の企業や研究機関と連携を深め、海外トップクラスの多様な人材の招へい・新人事制度・多国間研究連携・戦略的知財活動・国際シンポジウム開催・海外への情報発信等を通して、これまでの「課題解決型工学」から異分野を融合し新しい価値を創造することを理念とした「価値創造型工学」に進化したイノベーション研究と成果の社会実装を推進する拠点の形成を目指し、本事業によって設置した研究推進アドミニストレーションセンター(RAC:Research Administration Center)が中心となって、これを加速する支援体制・環境を整備しています。



地域交流

トヨッキー・ロボット
トヨッキー・ロボット

本学は、「技術科学」に関する「知」を広く地域に還元することを理念とし、地域社会の活性化、教養・文化の向上、日本の将来を担う先導的技術系人材の育成につながる取り組みを積極的に推進します。

<豊橋市のマスコットキャラクター「トヨッキー」がロボットに!>

「人間・ロボット共生リサーチセンター」は、豊橋市から委託を受け、豊橋市のマスコットキャラクター「トヨッキー」のロボット化に成功しました。「トヨッキー」の体と台座の中にモーターやセンサが組み込まれたこのロボットは、来訪者とやりとりをしながら豊橋市の観光PR を行います。人の位置や顔の向きを計測し、人が近づくとビデオを使った観光案内を始めます。ビデオの進み具合や人の動きに合わせて身振り手振りをし、話しかけます。案内が終わると記念撮影もすることができます。三河弁で話しかける「トヨッキー」は、イベントなどで大人気です。


SSH実験・実習講座
SSH実験・実習講座
<地域の高等学校の体験学習(実験・実習)>

文部科学省の「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」に指定された地域の高校の生徒に対して、自然科学・科学技術に対する興味・関心の喚起,理論的思考力や問題解決能力・探究力の習得、プレゼンテーション能力の習得等を目的として、理系、2年生を2日間にわたり、本学において最先端の科学技術を体験させています。また、愛知県内の県立高校及び静岡県西部地域の県立高校の生徒に対して、本学の高度な技術や科学分野に関する実験実習を体験させることにより、本学または工学部に対する理解を深めてもらうことを目的として「TUTラボ」を実施しています。この他にも高校等と連携して魅力的なカリキュラムを開発するなど、科学技術に夢と希望を持つ、創造性豊かな人材の育成を行っています。



産学官連携

「技術科学イノベーション研究機構」を中心にした研究・開発活動

豊橋技術科学大学では、技術の進化を支える学理を解き明かし、そこから新たな革新的技術を再生産し、直面する社会的な課題の解決や、未来社会の創造につながる新たな価値を創造することによって人類社会の発展に貢献することを創立の理念としています。

この理念を高いレベルで実現するため、特に

  1.  ① 急速な進化を遂げつつある人工知能技術と融合した価値創造型の創発型システム 研究の推進
  2.  ② 課題解決型社会システム研究の推進
  3.  ③ 国内外のリーディング企業やトップ研究機関との強力な協働作業による、先端(融合)研究の推進

を掲げ、既存のエレクトロニクス先端融合研究所と4つのリサーチセンターの研究活動との間に横串を通し、オープンイノベーション実現に向け研究を推進する「技術科学イノベーション研究機構」を設置しました。

技術科学イノベーション研究機構には3つの戦略研究部門を設置し、学内公募・審査を経て採択された「イノベーション協働研究プロジェクト」を推進していきます。


戦略研究部門

ここでは、採択されたプロジェクトのうち、社会システム研究部門の課題解決型研究で地域企業等と共同で実施されている研究テーマを紹介します。


【リサイクルセンターで利用可能な屋外掃除ロボットの開発】
 <機械工学系 内山直樹教授>

廃棄物の収集・リサイクルは地球環境・資源エネルギー問題に対して重要な業務ですが、その保管・処理場の人手による清掃は多大な労力を要します。機械化するには様々な課題がありますが、本プロジェクトでは地域企業と連携し、実用的な移動型屋外掃除ロボットを開発します。

リサイクルセンターで利用可能な屋外掃除ロボットの開発

東三河地域の農業発展のための新たな農業振興方策
【東三河地域の農業発展のための新たな農業振興方策】
 <先端農業・バイオリサーチセンター 井上隆信教授>

本プロジェクトは、①国内外の農産物需要調査とそれに基づく海外輸出拡大も視野に入れた商品の提案、②提案した商品に対応した生産技術の検討、③地域の豊富な農林水産資源を活かした農商工連携の提案をし、東三河地域の農業振興方策の作成を目的としています。


【東海地域を巨大地震災害から守る災害検知・防災情報共有システムの開発と実装】
 <安全安心地域共生リサーチセンター 齊藤大樹教授>

巨大地震の発生に備えセンシング技術と減災技術を融合した災害検知・減災システムを確立するとともに、災害関連情報を共有する「防災情報共有システム」を構築します。地域の自治体・企業・市民組織等との連携を強化して、本システムの社会実装を推進します。

東海地域を巨大地震災害から守る災害検知・防災情報共有システムの開発と実装


また、技術科学イノベーション研究機構は、博士課程教育リーディングプログラム「超大規模脳情報を高度に技術するブレイン情報アーキテクトの育成」の博士課程5年一貫教育の大学院学生の学ぶ場としても活用していきます。



就職活動支援情報

就職・資格情報:http://www.tut.ac.jp/

オープンキャンパス・学校見学情報

オープンキャンバス:http://www.tut.ac.jp/

お問い合わせ

住所 〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ケ丘1-1
TEL/FAX TEL:0532-44-6569 FAX:0532-44-6509
URL http://www.tut.ac.jp/
E-mail chiren@office.tut.ac.jp

アクセスマップ




三遠南信地域の大学紹介・地域企業経営者講演リスト・地域企業経営者講演リストトップへ戻る