三遠南信地域の大学紹介・地域企業経営者講演リスト

静岡理工科大学 遠州地域

開学30周年を迎える私立理工系総合大学。
新たに土木工学科(仮称)を設置構想中

外観

本学は静岡県唯一の私立理工系総合大学として、1991年に開学し、2021年に開学30周年を迎えます。2017年に建築学科、2020年にコンピュータシステム学科データサイエンス専攻を設置し、2022年4月には土木工学科(仮称)を設置構想中です。地域社会のニーズを把握し、常に変わりつづけながら地域社会で活躍する理工系の技術者を育成します。

理工学部には工学系の機械工学科、電気電子工学科、建築学科と理学系の物質生命科学科、情報学部にコンピュータシステム学科、情報デザイン学科の2学部6学科を有し、修士課程の理工学研究科にはシステム工学専攻、材料科学専攻を設置しています。

そして、本学では、研究に取り組むことの意義を、自らを研ぎすまし、学びを究めること、つまり「人としての成長」であると考えています。少人数制の研究室や最新の研究施設・設備、主体的な研究推進力を育む独自のカリキュラムが学生の成長をバックアップ。伸びたい学生をきちんと伸ばす、これが本学の教育の特色です。



実学重視の教育で、社会の推進力となる力強さを身につける
実学重視の教育で、社会の推進力となる力強さを身につける

本学では、「社会で活きる」実学を重視し、授業や実習、研究などで実践教育を展開しています。目の前に機械があれば実際に触れてみる。どうしたら新しいエネルギーをつくることができるのか、デザインによって人の行動を変えることができるのか、挑戦し実践していきます。また、4年生からの卒業研究は少人数(1研究室あたり5.4人)による研究体制で、教員からの直接指導を受ける機会が多くなること、研究施設・設備を学生が自由に使える環境を可能にするなどのメリットがあります。そして、人間力を育む本学の「研究力」を支えると同時に、より確実に実社会で活躍できる力を伸ばしていくことができます。



大学全体が大きなひとつの研究サイト
大学全体が大きなひとつの研究サイト

未来の移動体や情報伝達、エネルギーの研究設備が整った「やらまいか創造工学センター」、高機能・高精度な測定や機械工作を可能にする「工作センター」など、ものづくりを探求する環境が整っています。また、バイオ科学や新素材の開発に必要な高精度の測定・分析装置を集約した「先端機器分析センター」は学生の研究や企業、地域との連携の場にもなっています。これらに加え、建築学科には「活きた教材」として活用できる「建築学科棟えんつりー」や「構造実験棟」、「環境実験棟」を完備。このように、研究をコアとした学び環境が実学重視の教育や研究を後押ししています。



確かな就職実績-生涯にわたり、自分の人生プロジェクトを設計する力を。
確かな就職実績-生涯にわたり、自分の人生プロジェクトを設計する力を。

毎年、安定して高い就職率を誇る静岡理工科大学。

その背景には、「地域社会に貢献する技術者を育成する」教育ときめ細やかな「就職指導」があります。

地元企業は及ばず国内企業の優秀な技術者をお呼びして「実践技術者講座」や企業を知ってもらうための「インターンシップ」など、学生の時から社会と関わる機会を数多く設けています。

人生のプロジェクトを設計するために、4年間かけて自分を見つめます。大学は社会と関わる基礎力を築き、将来を見据えた研究力を育てます。



地域交流

お理工塾応援隊による理科実験講座
お理工塾応援隊による理科実験講座

人生100年時代を迎え、生涯学習における本学の役割として、地域住民を対象とした各種講座・シンポジウムの開催や講義科目の聴講・開放などの取組みを進めています。

また、学生と地域社会との関わりとして、「講義科目:地域実践活動」を開講し、ボランティア活動や地元小学校における教育アシスタント活動などの実施テーマを定め、多様な活動を行っています。その他にも、学生有志による「お理工塾応援隊」が組織されており、小学生を対象とした理科実験講座などを開催し、理科(理工系分野)が好きな児童を育てるための取組みも展開しています。



地域創成フォーラム
地域創成フォーラム

静岡県唯一の私立理工系総合大学である本学は、地域社会が抱える課題解決のための技術支援・技術開発を積極的に進めています。地域創成フォーラムや各種セミナーの開催を通して、地域企業への技術支援やこれからの技術動向の紹介などを行っています。

また、本学教員が代表幹事等を務め、地域企業の皆様に会員として参加いただいている「先端精密技術研究会」「モータドライブ応用研究会」「アグリニクス(農工商連携)研究会」「金型技術研究会」を通して、研究開発の促進や新技術に関する啓蒙活動を進めています。





産学官連携

商工会議所会員企業との交流会
商工会議所会員企業との交流会

産学官連携活動を通して本学が目指していることは、「地域企業や行政等の多様なニーズを本学の教育研究活動に反映させ、地域が一体になって新しい価値を創出する」ことにあります。地域企業や行政が参画した協議会や検討会への参加、地元商工会議所の会員登録(参加)を通して、特に中堅企業との交流、連携を図る活動を進めています。また、静岡県・静岡市・浜松市・袋井市・藤枝市との間で連携協定を締結し、産業振興や人材育成に関わる広域、かつ多様な事業を企画・実施、支援する連携体制を構築しています。



藤枝イノベーション・コモンズでの産学連携セミナー
藤枝イノベーション・コモンズでの
産学連携セミナー

本学は、本学の「研究力」を地域社会に展開し、SDGsの取組みや脱炭素社会実現に向けた取組みを進め、次世代へつなげるための新アイデアの具現化、新たな事業を創出するための「共創拠点」を開設しました。令和2年10月に開設した「藤枝イノベーション・コモンズ」では、産業振興事業や社会人の学び直し教育(人材育成事業)等を推進しています。また、令和3年4月、本学キャンパス内(袋井市)に、「ふくろい産業イノベーションセンター」を開設し、行政、商工団体、金融機関が連携して、競争力のある中小企業の成長を積極的に支援する活動を展開しています。





就職活動支援情報

http://www.sist.ac.jp/campus-life/index.html

オープンキャンパス・学校見学情報

https://www.sist.ac.jp/navi/article/information/105/

お問い合わせ

住所 〒437-8555 静岡県袋井市豊沢2200-2
TEL/FAX TEL:0538-45-0111(代表) FAX:0538-45-0110
URL http://www.sist.ac.jp/

アクセスマップ